読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS に Ruby をインストールする

Ruby Linux

環境

CentOS 6.6

rbenv

Ruby のバージョン管理ツール。

ruby-build

Rubyの各バージョンのインストールツール。
rbenv install コマンドが使用できるようになる。

rbenv-default-gems

Ruby をインストールするときに指定した gem を自動でインストールしてくれるツール。

依存パッケージをインストールする

$ sudo yum -y install openssl-devel readline-devel zlib-devel libcurl-devel

rbenv のインストール

$ sudo su -

# cd /usr/local
# git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git rbenv
# mkdir rbenv/shims rbenv/versions rbenv/plugins
# groupadd rbenv
# chgrp -R rbenv rbenv
# chmod -R g+rwxXs rbenv

ruby-build のインストール

# cd /usr/local/rbenv/plugins

# git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ruby-build
# chgrp -R rbenv ruby-build
# chmod -R g+rwxs ruby-build

rbenv-default-gems のインストール

# git clone git://github.com/sstephenson/rbenv-default-gems.git rbenv-default-gems
# chgrp -R rbenv rbenv-default-gems
# chmod -R g+rwxs rbenv-default-gems

環境変数の設定

# /etc/profile.d/rbenv.sh

export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"
export PATH="$RBENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

デフォルトでインストールする gem の指定

# /usr/local/rbenv/default-gems

bundler
rbenv-rehash

設定の反映

# source /etc/profile.d/rbenv.sh

インストール可能な Ruby のバージョン確認

$ rbenv install -l

1.8.6-p383
1.8.6-p420
...
2.2.1
2.2.2
2.3.0-dev
jruby-1.5.6
...

Ruby のインストール

ここでは 2.2.2 をインストールし、グローバルとして設定する。

# rbenv install 2.2.2
# rbenv global 2.2.2
# ruby -v
ruby 2.2.2p95 (2015-04-13 revision 50295) [x86_64-linux]