読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Linux】EPEL, Remi, RPMforgeリポジトリを追加する方法

Linux

CentOSの標準リポジトリで提供されていないパッケージをインストールするためサードパーティのEPEL, Remi, RPMforgeリポジトリを追加します。

これらを追加することで最新のPHPやMySQLなどをインストールすることができるようになります。

CentOSのバージョン、32ビットか64ビットかでrpmファイルの種類が変わってきますので適宜読み替えてください。

Centos 5.x 64ビットの場合

$ sudo rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
$ sudo rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el5.rf.x86_64.rpm

Centos 6.x 64ビットの場合

$ sudo rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
$ sudo rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

インストールされてるか確認

$ rpm -qa | grep epel-releas
epel-release-6-8.noarch

$ rpm -qa | grep remi-release
remi-release-6.5-1.el6.remi.noarch

$ rpm -qa | grep rpmforge-release
rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64

デフォルトでEPEL, Remi, RPMforgeリポジトリを使用しないよう無効にする

  • /etc/yum.repos.d/epel.repo
  • /etc/yum.repos.d/remi.repo
  • /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

上記ファイルのenabled=1となっている箇所をenabled=0に書き換えます。

※ EPEL, Remi, RPMforgeリポジトリを使用する場合は後述。

EPEL, Remi, RPMforgeリポジトリを使用する方法

yum コマンドのオプションに「--enablerepo=epel,remi,rpmforge」を指定する。

$ yum --enablerepo=epel,remi,rpmforge info php
$ sudo yum --enablerepo=epel,remi,rpmforge install php